秋田商工会議所秋田市観光クチコミ大使/クチコミ大使の活動紹介

2013年4月16日
小野寺 仁 大使からの活動報告です

〜当社のキックオフ・ミーティングで秋田をPR〜
 私が秋田に勤務している時に発生した東日本大震災から2年以上 が経過しましたが、私の故郷気仙沼や他の被災地も復興が進まず、 仮設住宅で暮らす方も長期化して疲弊している現状を見るにつけ、 何か支援できないかと常々考えておりました。

 そこで当社の平成25年度事業計画キックオフと併せて「東日本大震災 復興支援物産展」を企画・実施したところ、社員の皆さんからは 非常に好評でした。 当然ながら「プチ秋田市観光クチコミ大使コーナー」も設置して もらって、私の手料理も含めてPRいたしました。商工会議所様 から送っていただいた“あきたびじょん”と“秋田竿燈まつりり” のポスターも数ケ所に掲出して雰囲気づくりもやってみました。







 今回は約200名の参加者があり、恐らくこれまでで最大人数 になったこと、そして弊社に勤務する被災県出身者や勤務経験 者(東北6県+茨城県、千葉県)の方が趣旨に賛同してくれて、 たくさんの物産提供があったこと(もちろん各自の自腹)が TOPICSでした。




 主催者を代表しての挨拶では、「未だ多くの被災者が苦難の生活 を送っており、また職を失った方や風評被害で困っている方々を 支援するためにも、東北や茨城・千葉の物産を1つでも多く購入 してください」と話ましたが、社員の中には親戚や友達が被災地 で苦労されている方も多くいるので、“訴える”という意味では 成功だったと思っています。近くのスーパーで東北の物産(お米 や野菜等)を積極的に購入している旨を話してくれた社員もいて、 結構支援してくれていることを知って感激もしました。




 「プチ秋田市観光クチコミ大使コーナー」では、日本酒3種類、 八郎潟のわかさぎ加工品3種類、ギバサ、秋田諸越を出展しまし たが、いずれも大好評でした。特にギバサはキュウリと笹かまぼこ と一緒にポン酢であえて提供しましたが、アッと言う間に完食され てました。最近はネバネバが健康に良いということや女性の多い 職場なのでカロリーが低いということで受けたようです。




 社員の皆さんも大満足のキックオフだったようで、これからも 機会ある度に秋田のPRをしていく予定にしております。 以上報告させていただきます。


お問い合わせ先
秋田商工会議所 企画振興部 企画振興課
TEL:018-866-6679 FAX:018-862-2101


◇ お問い合わせは info@akitacci.or.jp までどうぞ ◇