秋田商工会議所地域情報/提言・要望

平成22年6月11日
重点港湾(仮称)及び
日本海側拠点港(仮称)の選定について


 この度、国土交通省において、直轄港湾整備事業の選択と集中を図るため、 重要港湾103港のうち40港を重点港湾(仮称)として選定するとともに、我が国の国際競争力確保のために、 日本海における拠点港湾を選定・指定すると聞いているところであります。

 秋田港は、平成7年の外航定期コンテナ航路の開設以来、着実に取扱貨物量が増えており、 現在では、秋田県の国際海上コンテナ貨物の輸入の9割、輸出の6割を取り扱うほど、 日本海側北部の拠点港湾の役割を果たしております。 さらに、国土交通省の支援を得たシーアンドレール構想の実現に向けた取り組みや対岸諸国との航路誘致活動等を、 官民が一体となって積極的に推進するなど、秋田港の将来の発展、広域的な拠点性の強化に努めているところでございます。

 一方、秋田商工会議所では、国土交通省による重点港湾(仮称)等の選定の取り組みを契機として「日本海拠点港湾戦略会議」を立ち上げ、 秋田港背後の産業振興と連携した対岸諸国との貿易戦略等をまとめた秋田港の戦略ビジョンを策定し、 官民一体でその実現に取り組む態勢を構築しようとしております。 また、秋田港では、これまでも民間事業者が設置した荷役機械を公共利用するなど、官民が連携した港湾運営を進めてきておりますが、 この戦略会議では、適切な官民連携による港湾運営のより一層の効率化策についても検討を行い、戦略ビジョンに位置づける予定でいるところです。

 つきましては、このような秋田港の地域拠点性及び地域の戦略を踏まえ、今後の秋田港の機能向上の促進を図るため、 秋田港を重点港湾(仮称)並びに日本海側拠点港(仮称)として選定して頂けますよう特段のご配慮をよろしくお願い申し上げます。


要 望 先 国土交通省
要望団体 秋田商工会議所、秋田港振興会


お問い合せ先・ご連絡先
秋田商工会議所 総務部 総務会員課
TEL:018-866-6674 FAX:018-862-2101


◇ ご意見・ご感想は info@akitacci.or.jp までどうぞ ◇